×

いよいよポスティング申請 青木“日本人タッグ”希望

[ 2011年12月12日 06:00 ]

ヤクルト・青木は神宮クラブハウスの駐車場でキャッチボール

 13日にポスティング・システム(入札制度)を申請するヤクルトの青木が、米国での日本人タッグを希望した。

 今年も日本ハム・ダルビッシュら多くの日本人選手がメジャーを目指し、ソフトバンク・川崎はイチローが所属するマリナーズ入りを熱望。青木も「絶対的な条件じゃないけど、チームに1人でも日本人がいたら心強い。言葉を交わせるから」。この日は神宮クラブハウスで調整。「今、自分ができることは、しっかり練習しておくこと」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2011年12月12日のニュース