52試合に登板のルーキー久古は2300万円でサイン

[ 2011年12月12日 19:16 ]

 ヤクルトの久古投手が12日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1300万円増の年俸2300万円でサインした。「思ったよりたくさん投げさせてもらい、自分としては頑張ったと思う」と笑顔で話した。

 今季はルーキーながら52試合に登板して5勝(2敗)20ホールドをマーク。11月に左手血行障害の手術を受け、来春のキャンプ中の投球練習再開を目指している。

 主に先発として7勝(11敗)を挙げた5年目の増渕投手は1100万円増の年俸4100万円で更改。「働きに関して満足はしていない。来年はもっとできるのではないか、という自信はある」と意欲的だった。4年目の山本斉投手は年俸1000万円でサインした。(金額は推定)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年12月12日のニュース