中田、自己最多タイ5打点「チームが勝つために」

[ 2011年9月2日 06:00 ]

<ロ・日>6回無死一、二塁、左中間に2点適時二塁打を放つ中田

パ・リーグ 日本ハム8―2ロッテ

(9月1日 QVC)
 先制、中押し、ダメ押し。日本ハム・中田の勝負強さが戻った。初回に先制の右前打を放ち、同点の6回はスケールズの右越えソロで勝ち越してなおも無死一、二塁から左中間2点二塁打。9回2死満塁でも左前2点打と、6月18日の広島戦(マツダ)に並ぶ自己最多5打点だ。

 「最近貢献できていなかったので凄くうれしい。打てない間は本当に悔しくて苦しかった」。月が替わっていきなりの爆発。8月下旬には26打席連続無安打の屈辱も味わった。同29日は休日返上で鎌ケ谷を訪れ、1人でバットを振り込んだ。

 これで77打点。大阪桐蔭の先輩、西武・中村が82打点まで伸ばしたことを聞くと「中村さんは凄い。(打点も実力も)追いつけるように頑張りたい」。その一方で「打点でトップになるためにやっていない。チームが勝つためにやっている」と言った。首位ソフトバンクとは3ゲーム差。逆転Vのために、若き主砲は再加速する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年9月2日のニュース