内川 ビッグな目標「打率10割目指す」

[ 2011年1月13日 06:00 ]

笑顔で自主トレに励む内川(右は横浜・松本)

 国内FA権を行使して横浜からソフトバンクに移籍した内川が、大分市内での自主トレを公開。「打率10割を目指す。優勝したことがないので、チーム日本一のためにしっかり責任を持ってやりたい」とのビッグな目標を掲げた。

 新天地でのプロ11年目。内川は「新しい気持ち」と、初めて自主トレの場所を故郷に移した。求められるのは左キラーとしての役割。昨季、チームは日本ハムの武田勝に0勝5敗、西武・帆足には0勝3敗に終わった。内川の昨季打率は・315だが、対左投手は・361。右打者最高の打率・378を記録した08年には左投手から・439と驚異の数字を残した。「役立つ部分を伝えられたらいい」と、左腕攻略の極意をチームメートに伝授する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年1月13日のニュース