PR:

「ゆとりですがなにか」今夏SP放送決定!クドカンは芸術選奨受賞

今夏SP放送が決定!「ゆとりですがなにか」出演者の(左から)松坂桃李、岡田将生、柳楽優弥(C)日本テレビ
Photo By 提供写真

 人気脚本家“クドカン”こと宮藤官九郎(46)が手掛け、高い注目を集めた日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」のスペシャルドラマが今夏放送されることが14日、分かった。同日、宮藤は本作で「2016芸術選奨 放送部門 文部科学大臣賞」を受賞。受賞について「大変光栄。何よりの励みになります」と喜び、「偶然にも現在『ゆとりですがなにか』のスペシャルドラマを制作中です」と続編放送を明らかにした。ドラマの1年後を描く。

 宮藤が社会ドラマに初挑戦したオリジナル作品。主演の岡田将生(27)、松坂桃李(28)、柳楽優弥(26)が豪華共演。大学3年時にリーマンショックで就職氷河期を体験し、社会人1年目で東日本大震災を経験するなど厳しい現実を見てきた87年生まれの「ゆとり第1世代」が競争社会の中で戸惑いながらも、とにかく必死に毎日と向き合っていく姿を描いた。

 本作で「2016芸術選奨 放送部門 文部科学大臣賞」を受賞した宮藤は「『ゆとりですがなにか』で芸術選奨を頂き大変光栄です。放送当時『社会派ドラマ』と言われましたが、自分では『社会ドラマ』というつもりでした。“派”の有無は自分にとっては大問題で、いわゆる世相を斬るシャープなドラマが社会派だとしたら、社会を肯定も否定もせず、ただありのまま見たまま感じたままにたれ流す、そんな煮え切らない『社会ドラマ』が性に合っているなと。だから過剰な演出や、自分の得意技、手癖を封印して書きました」と作品を振り返った。

 続けて「そして、偶然にも現在『ゆとりですがなにか』のスペシャルドラマを制作中です。続編というのは苦手なのですが、彼等のような、定点観測に向いているキャラクターならば、時々思い出してみるのも悪くないかなと思い、さしあたって1年後の彼等の成長や後退を描こうと思っています」と続編を制作中と明らかにした。

 【SPドラマあらすじ】1987年生まれの主人公・坂間正和(岡田)と、恋人の宮下茜(安藤サクラ)が紆余曲折を経て結婚式を迎え、登場人物たちは祝福ムードの中、それぞれの未来へ踏み出していきました。お嫁さんの茜(既に鬼嫁の気配アリ!?)、そして兄夫婦には念願の第1子が誕生!と、現代の「寺内貫太郎一家」さながらに、ますます賑やかになる坂間家。脱サラした正和は兄とともに、亡き父が残した酒蔵を切り盛りしていけるのか?切なくも童貞卒業ならなかった山路(松坂)に、いよいよ春は来るのか?11浪目にして悲願の大学合格を果たした、元おっぱいパブ客引き・まりぶ(柳楽)はいま?平成生まれの「ゆとりモンスター」たちも次のステージへ進んでいくことに…。

[ 2017年3月14日 17:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月21日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル