立ち技系格闘技

  K―1初参戦のウェイ・ルイ(25=中国)が8人によるトーナメントを制した。1回戦から正確無比な攻撃と防御で勝ち上がり、決勝は平本蓮(18=チームペガサス)に判定勝ち。中国出身初のK―1世界王者となった。スーパーフェザー級タイトルマッチは挑戦者の大雅(20=TRY HARD GYM)が王者・卜部弘嵩(27=SAGAMI―ONO KREST)を破り、第3代王者となった。

記事全文
Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロレス

      ボクシング

      コラム

      スペシャルコンテンツ