立教大学【慶大戦展望】昨季2連敗も…雪辱を晴らすべく絶対に負けられない

東京六大学野球春季リーグ   立大―慶大 ( 神宮 )

立大投手陣の主軸として活躍が見込まれる田中誠(C)「立教スポーツ」編集部
Photo By 提供写真

 法大との激闘を制し、勝ち点1を獲得した立大。今週対するのは、昨季2連敗を喫した慶大だ。雪辱を晴らすべく挑むこの試合。リーグ制覇に向け、絶対に負けられない戦いが幕を開ける。

 今季好調な慶大打線。中でも注目したいのは、先日行われた東大戦で2戦連続本塁打の活躍を見せた岩見(総4=比叡山)。昨年からさらなる成長を遂げ、今年のドラフト候補としての頭角を現している。また、東大2回戦で3ランを放ち、勝負強さを見せつけた郡司(環2=仙台育英)にも要注意だ。他にも照屋(環4=沖縄尚学)や天野(環4=智辯和歌山)などが脇を固める打線において、警戒すべき相手は多い。勝利のためには立大投手陣の活躍と連携した守備が必要不可欠だろう。

 先発での登板が予想される田中誠(コ2=大阪桐蔭)は、昨年中継ぎとしての役割を果たすことが主だった。澤田圭(現オリックスバファローズ)や、田村(現埼玉西武ライオンズ)といった二本柱が抜けた今、伸びのある投球を武器に相手打者の空振りを誘うことが求められる。また、法大2回戦で完投した手塚(コ2=福島)や、法大1回戦で初登板4回無失点という好成績を収めた中川(コ1=桐光学園)といったフレッシュな面々も貴重な戦力となる。春季オープン戦で思うように調子を上げられていない副将・藤田(営4=県岐阜商)の復調も、リーグ戦を制するうえで重要だ。

 野手に目を向けると、その抜群の安定感に定評のある主将・熊谷(コ4=仙台育英)や、法大3回戦でファインプレーを見せた笠井(済2=桐蔭学園)などが控える。野手陣が一丸となって投手陣の踏ん張りを支え切れるかが勝負の分かれ目となるだろう。

 打撃面ではRIKKIOの4番を背負う笠松(コ4=大阪桐蔭)に期待がかかる。不調だった昨年の反省を生かし、春季キャンプではセンター前への強い当たりを意識したという。持ち味のフルスイングで、彼の代名詞とも言える本塁打が見られるか。また飯迫(社3=神戸国際大附)も、法大2回戦で適時打を放つなどその状態は良好。大エース・加藤拓(現広島東洋カープ)が抜けた慶大投手陣、その穴に付け込めるか。乱打戦となることが予想されるこの試合で、打線をつなげ1点でも多くもぎ取ることが勝利へのカギとなる。

 今季こそ優勝へ。慶大戦での勝利は悲願に向けての大きな弾みとなる。攻守とも「戮力同心」のスローガンの下、全員で勝ち星を取りに行く。(4月18日・「立教スポーツ」編集部 久保田美桜)

 ◆さあ、神宮へ行こう!◆
4/22(土) 対慶大 13:00〜 (開始予定)
4/23(日) 対慶大 10:30〜

[ 2017年4月21日 06:30 ]

Webtools & Bookmarks

バックナンバー

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月25日16時〜17時

      » 続き