PR:

広島 助っ人再編へ 最優先は救援投手、ジャクソン流動的

セ・リーグCSファイナルS第5戦   広島3―9DeNA ( 2017年10月24日    マツダ )

広島のジャクソン
Photo By スポニチ

 広島はリーグ3連覇を目指して外国人戦力の再編に入る。球団は現在、中継ぎ、抑え適正のある投手を最優先の補強ポイントとしており、今季60試合に登板して防御率2・03だったジャクソンの契約更新は流動的な状況。

 球団首脳は「リストアップする投手との比較になる」と話した。

 26試合の登板で防御率3・00だったブレイシア、11試合の登板で防御率6・60のヘーゲンズ、22試合で打率・216、0本塁打、2打点に終わったペーニャとは来季の契約を更新しない方針。すでに今季からの3年契約を結んでいるジョンソン、同じく2年契約のエルドレッドはともに残留する。

 なお今シーズン中に育成選手契約から支配下登録され、6年契約を結んだバティスタとメヒアも残留する。

[ 2017年10月25日 05:44 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月19日16時〜17時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム