PR:

山田 脱力投球で自己最多タイ7勝目「力んでも…」

<西・ソ>ハイタッチをするソフトバンクの(左から)山田、秋山監督、小久保

パ・リーグ ソフトバンク8-2西武
(8月22日 西武D)
 ソフトバンク・山田が8回6安打1失点で、6月22日の日本ハム戦(ヤフードーム)以来2カ月ぶりの7勝目を挙げた。

 「5回以降ギアチェンジしました。力んでもいいことはない。軽くというイメージでいきました」。4回まで毎回の6安打を許したが、「脱力」を意識した5回以降は無安打に抑えた。昨季に並ぶ自己最多の白星にも左腕は「きょうはたまたま結果がついてきただけ」と次戦へ気を引き締めていた。

 ▼ソフトバンク・長谷川(3号2ラン含む4安打、3試合連続打点)しっかりボールを捉えられたのは良かった。

 ▼ソフトバンク・細川(好リード&2号3ラン)自分でまさか、と思いましたが、とにかくよく飛んでくれました。

[ 2012年8月23日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ