鈴木愛 遠征に写真携帯…なにわ男子パワーで“ハッピー”「65」首位タイ

[ 2022年11月4日 05:10 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラシック第1日 ( 2022年11月3日    滋賀県 瀬田GC北C=6616ヤード、パー72  )

<TOTO JAPANC初日>18番、ティーショットを放ち、ボールの行方を見つめる鈴木愛(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 スポニチ主催「TOTOジャパンクラシック」が3日に開幕した。大会期間中、各選手の幸運を呼ぶアイテムにスポットを当てる連載「MY ラッキーチャーム」の第2回には、初日7アンダーで首位に立った19年大会覇者の鈴木愛(28=セールスフォース)が登場。大好きな「なにわ男子」が癒やしになっているという。

 つらいときも、試合前にも必ず聴く曲がある。鈴木の癒やしは7人組の人気アイドルグループ「なにわ男子」だ。今月中に新曲「ハッピーサプライズ」がリリースされる予定。この日は圧巻の65をマークし、首位発進を果たすと「今週が自分のハッピーサプライズになればいいな。もう本当に大好き!」と乙女の顔になった。

 推しメンは「高橋恭平くんです」。普段はクールだが、笑ったときにクシャッとなる顔がお気に入りという。鈴木もプレー中は笑顔が少ないタイプで「アンチが多いので男性ファンを増やしたいとか、周りを幸せにできるような人になりたいという言葉に“一緒やっ”と。結婚した~い(笑い)!」とおどけた。

 この日はコース上でも“ハッピー”だった。6番で10メートルを沈めるなど、パットが復調した。練習場で用具メーカーPINGの担当者から「前はもっとフォローが出てたよ」と指摘され、自身も動画でチェック。フォローを意識した途端、ラインに乗り始めた。暴れていた1Wも4番で「左腰の開き」を修正。その後はほぼフェアウエーをキープした。

 ツアー通算17勝の実力者も、昨年7月以来優勝から遠ざかっている。今秋、コーチと契約を解除し、自立心は強まった。一方で、遠征には高橋恭平の写真を携帯。小型のぬいぐるみ「ちびぬい」を入手したら「絶対にキャディーバッグにつけます」と笑う。メルセデス・ランキングで次点の36位から繰り上がり出場となった今大会。19年大会の覇者が幸せな“サプライズ”を狙っている。

続きを表示

この記事のフォト

2022年11月4日のニュース