×

18歳佐藤心結 雪辱初Vへ2差3位発進、700万円ホールインワン賞惜しい!あと50センチ

[ 2022年6月24日 05:10 ]

女子ゴルフツアー アース・モンダミン・カップ第1日 ( 2022年6月23日    千葉県 カメリアヒルズCC=6639ヤード、パー72 )

<アース・モンダミン・カップ第1日>18番、バーディーを決める佐藤心結(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ツアールーキーの佐藤心結(みゆ、18=ニトリ)が8バーディー、2ボギーの66で回り6アンダー、首位と2打差の3位と好発進した。前週のニチレイ・レディースでは初優勝こそ逃したが、最終日最終組を経験し自己最高5位。今度こそ03年度生まれのツアー初Vを狙う。今季2勝の山下美夢有(みゆう、20=加賀電子)が大会コースレコードに並ぶ64で回り、8アンダーで単独首位に立った。

 700万円のホールインワン賞まであと50センチだった。188ヤードの13番パー3。佐藤は1つ番手を上げた3Uを握り、高めの球で左からアゲンストの風に乗せた。「ピンに向かって飛んでいってくれたので入れっと思いました」。高額設定の特別賞こそ逃したが、楽々バーディー。好調さを物語る一打だった。

 前週、自己最高の5位に入った18歳。この日は大人の判断も光った。「スコアをつくるにはフェアウエーキープ」。全てのミドルホールを含め、11ホールで第1打は徹底して深いラフを避けた。以前までの「イチかバチかのマネジメント」は封印。コースの特徴に合わせたクラブ選択でバーディーを量産した。

 初Vを逃した前週もただ涙に暮れたわけではない。最終日に一緒に回った西村優菜のパッティング技術を吸収。「きれいなストロークから、全て入りそうな感じで打っていた」。佐藤も早速、ヘッドアップしないストロークを意識した。メンタル面でもゴルフを一時忘れ、大好きなゲームに没頭してリフレッシュ。今度こそ頂点に立つ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月24日のニュース