東海大大阪仰星 誓う日本一 昨年抽選で全国4強入り逃した悔しさ知る薄田主将「笑って終わりたい」

[ 2021年11月15日 05:30 ]

全国高校ラグビー大会大阪府予選第2地区決勝   東海大大阪仰星71-0同志社香里 ( 2021年11月14日    大阪府東大阪市・花園ラグビー場 )

<大阪決勝 東海大大阪仰星・同志社香里>花園出場を決めた東海大大阪仰星フィフティーン(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 東海大大阪仰星は、グラウンドを大きく使った攻撃で、序盤から同志社香里を圧倒した。チームにとって、この日の会場は忘れられない舞台。昨年の花園準々決勝で、東福岡と引き分け、抽選で次戦に進めなかった。ロスタイム18分でも決着がつかなかった高校ラグビー史に残る名勝負に先発したNo・8薄田主将は、「去年は悔しい形で終わったので、笑って終わりたい」と日本一を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月15日のニュース