ラグビーTL・三菱重工相模原 16日クボタ戦、新司令塔のNZ代表・スレイドに期待

[ 2021年1月14日 05:30 ]

 三菱重工相模原の会見にはグレック・クーパーHCが出席し、「キーマンはハーフ団。アタック中心のラグビーを、全員で遂行しなければいけない」と話した。

 今季は11、15年W杯ニュージーランド代表SOのコリン・スレイドが新加入。類いまれなアタックセンスを誇る司令塔を「経験があり、走れる。チーム全体にいい影響を与えてくれている」と評し、16日の開幕クボタ戦(江戸川)からの起用を示唆した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月14日のニュース