渋野、池ポチャ×2も14位浮上「パッティングで助けてもらった」

[ 2020年11月22日 05:30 ]

女子ゴルフツアー 大王製紙エリエール・レディース 第3日 ( 2020年11月21日    愛媛県 エリエールGC松山=6545ヤード、パー71 )

17番で池ぽちゃもパーをセーブし同伴の三ヶ島かなに向かってサムアップする渋野日向子(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 20位から出た渋野は2度も池に入れながら「粘りに粘って」2アンダーの69。14位に順位を上げて「まさかのアンダーでびっくり。ショットは荒れていたけど楽しんでやれました」と明るい表情だ。

 パー3の3番で第1打を池に打ち込んだが、3メートルをしぶとく沈めてボギーに収める。17番パー5でも第1打を右の池に入れたが、ここでも4メートルを沈めてパーをセーブし「イーグル並みにうれしかった」と振り返った。帰国後に苦戦していたグリーン上で、8ラウンドぶりの20台となる26パット。「パッティングで助けてもらった」とうなずいた。14番ではピンまで20ヤードのグリーン上で、人生で初めてウエッジを使って寄せてパーとした。そんなチャレンジができるのも、心にゆとりが出てきた証。復調の手応えを感じられるラウンドだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年11月22日のニュース