男子セブンズ代表、4カ月ぶり合宿再開 岩渕HC「もう1回、前向きにスイッチを」

[ 2020年7月25日 20:21 ]

ラグビー7人制男子日本代表候補の合宿が始まり、オンラインで取材に応じる岩渕ヘッドコーチ
Photo By 共同

 東京五輪に出場する7人制ラグビー男子日本代表は25日、4月の緊急事態宣言発令後では初となる強化合宿をスタートさせた。

 新型コロナウイルス感染防止のため全国5拠点での合同練習など段階的な強化活動を行っており、4カ月ぶりに合宿再開となった。今回は東京、大分の2カ所で行い、フィジカル中心に鍛え上げていく方針。コンタクトを伴う練習は行わないという。初日となったこの日は、ソーシャルディスタンスを保ってミーティングも行われた。

 オンライン取材に応じた岩渕健輔ヘッドコーチは「選手には五輪に向けてもう1回、前向きにスイッチを入れてやっていこうと話をしている。一致団結して一歩一歩進めながら目標であるメダル獲得に向けてやっていく」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2020年7月25日のニュース