陸上ロード種目、今後のコロナ対策を発表 給水所での回し飲み禁止など要求

[ 2020年7月1日 05:30 ]

 日本陸連は30日、マラソンや駅伝などのロードレースを開催する際の新型コロナウイルス対策指針を発表し、参加者をグループに分けて時間差でスタートさせる方法の推奨、倒れ込んだランナーにフェースシールドなどで体を覆って対応すること、沿道の応援自粛要請などを盛り込んだ。給水所での使い捨て手袋着用、スポンジの不使用、回し飲みの禁止なども要求。大会主催者が参加者らの感染に責任を負わない方針も示された。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月1日のニュース