久光製薬・新鍋理沙 現役引退を表明「バレーは生活の全てでした」12年ロンドン五輪銅

[ 2020年6月21日 05:30 ]

現役引退を表明した女子バレーの新鍋
Photo By スポニチ

 バレーボールのVリーグ女子の久光製薬は20日、12年ロンドン五輪銅メダリストの新鍋理沙(29)が現役を引退すると発表した。29日に引退会見を行う。

 新鍋は「小学校1年生から始めたバレーボールは生活の全てでした。現役を引退することにまだ実感が湧きません」とクラブを通じてコメントした。新鍋はチーム最年少として出場した12年ロンドン五輪で28年ぶりの銅メダルに貢献。16年リオデジャネイロ五輪は故障などもあり代表から落選した。17年からは再び日本代表の主力として活躍していたが、延期となった東京五輪を前に引退という決断を下した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月21日のニュース