錦織 W杯手本に 東京五輪へ抱負「日本が盛り上がれる機会」

[ 2018年7月18日 05:30 ]

スポーツ能力測定に参加し、バットを振る錦織
Photo By 共同

 テニスの錦織圭(28=日清食品)が17日、都内で行われたJALのイベントに参加した。小学生と一緒にスポーツ能力測定に挑戦して適性競技を算出。結果は卓球、バドミントン、テニスのラケット競技ばかりで、本業も含まれていたとはいえ「もう少し面白いのが入ってほしかった」と少し残念そうだった。

 その後のトークショーでは子供や親からの質問に答えるなどリラックスムード。24日に東京五輪開幕まで2年となるが「サッカーのW杯で感じたように、日本中が盛り上がれるいい機会。僕もこの機会を大切にしたい」と抱負を述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2018年7月18日のニュース