PR:

東京五輪聖火リレーは福島スタート、列島一筆書きで時計回りに

東京五輪・パラリンピックの調整会議。福島県からスタートする聖火リレーの日程が決定した(代表撮影)
Photo By 共同

 20年東京五輪・パラリンピックの調整会議が12日に都内で開催され、聖火リレーの47都道府県を巡る順番が決まった。3月26日に福島県からスタート。64年東京五輪と同じ沖縄県を出発地とする案もあったが、東日本大震災の被災地を選び、開催理念の「復興五輪」を前面に押し出した。組織委員会の森喜朗会長は「復興五輪の趣旨を反映した。避難者が多く、精神的なショックも大きかった福島県にスタートは落ち着いた」と説明した。

 日本列島を一筆書きで時計回りする。期間はフェリーなどでの移動日を含め121日間。リレー実施は114日で、開催都市の東京が15日、被災3県の岩手、宮城、福島と東京都外で複数の競技会場がある埼玉、千葉、神奈川、静岡の計7県はそれぞれ3日間、その他の39道府県は各2日となった。実際に走るルートは各都道府県の実行委員会が選定し、国際オリンピック委員会(IOC)の承認を得た上で、来夏までに決まる。

[ 2018年7月13日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:11月22日03時〜04時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      アスリート

      コラム