世界柔道女子代表 田代&芳田が帰国 2段階合宿の効能実感

[ 2018年7月13日 05:30 ]

スペインとローマでの合宿を終え、成田空港に帰国した柔道女子63キロ級の田代
Photo By スポニチ

 柔道の世界選手権(9月、バクー)女子63キロ級代表の田代未来と57キロ級代表の芳田司(ともにコマツ)が12日、成田空港に帰国した。

 今回は代表本隊とスペインで合宿後、2人でローマに渡り“おかわり”遠征。田代は「今までで一番充実した合宿になった。スペインでやったことをローマで試すことができた」と、2段階合宿の効能を実感した様子。担ぎ技や巴投げなど、不慣れな技の練習にも取り組み「技術の幅を広げられた」と満足げだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「紀平梨花」特集記事

2018年7月13日のニュース