田中 4回転失敗、悔しさあらわ「内容は納得いかない」

[ 2016年2月19日 23:29 ]

男子SPで演技する田中刑事

フィギュアスケートの四大陸選手権男子SP

(2月19日 台湾・台北)
 自己ベストを更新した田中だが、4回転を狙った冒頭のサルコーが不発に終わったこともあり「内容は納得いかない」と悔しさをあらわにした。連戦の疲労で下半身に力が入らず、公式練習からほとんど3回転で調整。指導する林コーチから「本番で一発決めればいい」と励ましを受けていたそうだが、決めることができなかった。

 それでも残る二つのジャンプは着氷させた。母の母国である台湾の地で高橋大輔さん直伝のスケーティングを見せ、観客を沸かせた。今季最後となるフリーへ「きれいに滑り切りたいと思う」と前を向いた。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年2月19日のニュース