×

錦織緊急入院 過労で高熱に加え嘔吐…VSシャラポワ渡米微妙

[ 2015年12月9日 06:00 ]

錦織圭

 男子テニスの世界ランキング8位の錦織圭(25=日清食品)が“過労”とみられる症状で都内の病院に緊急入院したことが8日、分かった。4日までは神戸でのエキシビションマッチなどに元気に参加していたが、その後に発熱や嘔吐(おうと)の症状を訴えたという。順調にいけば今後数日間で退院できる見込み。来季のさらなる飛躍が期待される日本のエースが、年の瀬に思わぬアクシデントに見舞われた。

 ツアー最終戦を終えて11月下旬に帰国した錦織は、連日のようにイベントやスポンサー対応などをこなしていた。今季は自己最多の70戦(54勝16敗)を消化。その後のオフの行事もプロの仕事とはいえ、最後の最後で肉体が悲鳴を上げた。

 高熱に加えて食事を戻してしまう症状にも見舞われ、病院で診察を受けたところ、疲労性のものと診断されたという。そのまま都内の病院に入院し、安静にして症状の回復を待つことになった。

 試合数だけでいえば、昨季も68戦(54勝14敗)をこなしており、スポンサー対応などに忙しかったのも変わらない。ただし、今年は日本初開催で、3日間の日程で行われた世界最大規模のエキシビションマッチ「インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)」にも参戦。オフの日程はさらに過密になっていた。日本での最後のイベントとなるIPTLを終え、気持ちが切れると同時に、肉体にも過労による危険シグナルが出たのかもしれない。

 本来であればマイケル・チャンコーチがいる米カリフォルニアで来季に向けたトレーニングを積みながら、12、13日にはロサンゼルスで行われるシャラポワ(ロシア)とのエキシビションマッチに出場するはずだった。しかし、それも現時点では難しくなった。

 関係者によれば数日間で退院できる見通しだというが入院が長引けば今後の調整スケジュールにも大きな影響が出る。新シーズンは1月4日開幕のブリスベン国際(オーストラリア)で初戦を迎え、18日からは4大大会初戦の全豪オープンも開幕する。まずは体調の回復を待ち米国へと戻ることになる。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年12月9日のニュース