遠藤「部屋ではやらない」大型力士対策 新潟巡業で手応え

[ 2014年8月10日 07:55 ]

稀勢の里に胸を出す遠藤(左)

 大相撲秋場所(9月14日初日、両国国技館)で新三役を目指す遠藤(23=追手風部屋)が大型力士対策に着手した。

 新潟巡業で稽古を開始。碧山、常幸龍、妙義龍らと4番で1勝3敗だった。196キロの碧山に突き落としに敗れたものの、3番後に再び対戦すると立ち合いで突っ張りから前ミツを引くと力強く寄り切った。栃乃若、妙義龍にもまわしを取るのではなく、押して出て行く相撲を試した。

 「自分より大きな力士、碧山関とできて良かった」と汗を拭った。名古屋場所は勝ち越しとはいえ、自分より大きな相手には立ち遅れたり、圧力負けした。「部屋ではなかなか大きな人とやらないから。意識してやれたらと思う」と語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2014年8月10日のニュース