ドーピング規定違反で10試合出場停止…もちろん給料なし

[ 2011年1月28日 10:22 ]

 米プロバスケットボールのNBAは27日、ドーピング規定違反があったとして、グリズリーズのO・J・マヨに10試合の出場停止処分を科したと発表した。この間の報酬は支払われない。

 マヨは筋肉増強効果のあるステロイドに陽性反応を示した。同選手は処方箋なしで購入できる栄養補助食品に含まれていたと釈明したが、処分については受け入れるという。今季は15試合に先発し、1試合平均12・2点を挙げた。(AP=共同)

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2011年1月28日のニュース