東京パラ日本代表・黒田「ようやく試合ができる」 ブラサカ日本選手権へ意気込み

[ 2021年10月29日 20:52 ]

日本選手権への意気込みを語った黒田
Photo By スポニチ

 アクサブレイブカップ・ブラインドサッカー日本選手権の開会式が29日、オンラインで行われ、東京パラリンピック5人制サッカー(視覚障がい)日本代表でチーム得点王の黒田智成(たまハッサーズ)が「ようやく試合ができる喜びをみんなで噛みしめながらプレーしたい」と意気込みを語った。

 大会は今月31日の予選ラウンドを皮切りに、来年1月22日は決勝ラウンド(東京・八王子)が行われる。5位に終わった東京大会以来の実戦となる黒田は「決勝が(ホームの)八王子。たまハッサーズとしては楽しみつつ、決勝の舞台に行けたらと思っている」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月29日のニュース