名古屋の柿谷が初得点決めた ゴール後にはスタンドへお辞儀 チームはJ1新8戦連続無失点

[ 2021年4月11日 17:37 ]

明治安田生命J1リーグ第9節   名古屋3ー0大分 ( 2021年4月11日    昭和電工スタジアム )

<名古屋・大分>ゴール後、名古屋サポーター席に向け深々とお辞儀をする柿谷
Photo By スポニチ

 お待たせ!今季C大阪から加入した名古屋の元日本代表FW柿谷曜一朗(31)が、移籍後初得点をマークした。2点リードの後半アディショナルタイム、DF成瀬のグラウンダーの折り返しを左足で合わせてダメ押し弾。移籍後9試合目でやっと初得点が生まれた。3試合ぶりの勝ち点3に貢献するゴールを奪った後は、名古屋サポーターに向かって“お辞儀ポーズ”。満面の笑みを浮かべ、喜びを表した。

 「期待してくれたサポーターにゴールという形で名古屋に迎え入れてもらおうと思っていたけど、あまりにも遅くなってしまい…。“すいません、これからもっと頑張ります”と自然と出ました」。チームは14年の浦和を抜くJ1新記録のリーグ8試合連続無失点を樹立。開幕からの無敗は03年の13試合に次ぐ9試合に伸ばした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月11日のニュース