Jリーグ社員総会で理事決定 反町康治技術委員長らが追加選任

[ 2020年4月14日 14:53 ]

 Jリーグは14日、20年度第2回社員総会を開き理事を決定した。任期は20年3月12日より22年3月に開催予定の定時社員総会終結の時までの2年間。※は追加選任となる。

【チェアマン】村井満
【副理事長】原博実
【専務理事】木村正明
【理事(常勤)】窪田慎二、佐伯夕利子
【理事(非常勤)】野々村芳和(札幌代表取締役社長CEO)、沼田邦郎(J2水戸代表取締役社長)、大金直樹(FC東京代表取締役社長)、下川浩之(J2町田代表取締役会長)、藁科義弘(川崎F代表取締役社長)、塚野真樹(J3鳥取代表取締役)、榎徹(大分代表取締役)、立石敬之(シントトロイデンCEO)、為末大(DEPORTARE PARTNERS代表)、藤沢久美(シンクタンク、ソフィアバンク代表)、藤沢烈(一般社団法人RCF代表理事、特定非営利活動法人新公益連盟理事、事務局長)、馬場渉(パナソニック株式会社参与コーポレートイノベーション担当)、※須原清貴(日本協会専務理事)、※反町康治(日本協会技術委員会委員長)、※黛俊行(日本協会審判委員会委員長)
【監事】大塚則子(大塚則子公認会計士事務所代表)、山崎忠史(株式会社PROPERTY INNOVATION CONSULTING代表取締役)
【特任理事】小西孝生(株式会社Jリーグ代表取締役社長)、外山晋吾(株式会社ビーネックステクノロジーズ執行役員 欧州事業担当)、秦英之(ONE CHAMPIONSHIP株式会社 代表取締役社長)、播戸竜二(株式会社MR12所属、解説者)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年4月14日のニュース