JFA審判委員会 VAR運用など判定基準を提示 佐藤隆主審「注目される年になる」

[ 2020年2月7日 05:30 ]

佐藤隆治主審
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会(JFA)の審判委員会が6日、メディアカンファレンスを行い、今季の判定基準などを示した。

 Jリーグ各クラブへのルール講習会でも使用するVTRを交え、軽度な接触プレーでは笛を吹かずに選手にそのままプレーを促すなど、試合の激しさを増す方向に動くと説明。また、J1で導入されるVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の運用法なども提示され、佐藤隆治主審は「VAR元年で注目される年になる。より緊張感をもってやりたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年2月7日のニュース