内田 初タイトルへ向け奮起!1カ月ぶり先発も攻めて勝利貢献

[ 2018年8月29日 05:30 ]

ACL準々決勝第1戦   鹿島2―0天津権健 ( 2018年8月28日    カシマ )

<鹿島・天津権健>前半、鹿島・内田は軽快な動きを見せる(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 7月28日のG大阪戦以来、1カ月ぶりに先発した鹿島DF内田が勝利に貢献した。

 前半5分にセルジーニョとのパス交換から右サイドを突破し、クロスで好機を演出。前半12分には右足ミドルを放つなど積極的に攻撃に絡んだ。シャルケ時代の10〜11年シーズンに欧州CL4強入りを経験。15年に手術した右膝の状態は上向いており「レッズとガンバはACLを獲っているけど、ウチは獲っていない。そのために帰ってきたと思っている」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年8月29日のニュース