PR:

川崎F・大久保が背番号「4」、斎藤学が「37」を選んだ訳明かす

川崎フロンターレ新体制発表会でユニホーム姿を披露する斎藤
Photo By スポニチ

 昨年Jリーグ王者の川崎Fは21日、「カルッツかわさき」で今シーズンの新体制発表を行い、1年でFC東京から復帰したFW大久保嘉人(35)は背番号4、横浜から加入したMF斎藤学は(27)は背番号37に決まった。

 大久保は4番を選んだ理由に「シンプルに1+3=4」とまず話し、さらにイースタンSC(香港)に移籍した同級生DF井川の名前を挙げ「同級生で去年までフロンターレで貢献してきて継ごうかなと思った」。さらに「庄子GMさんが富士通時代に付けていた番号」と付け加えた。

 一方、横浜でJリーグデビューを飾った高校3年時の08年の番号を選んだ斎藤は「番号はなかったんで」と本音もポロッと漏らしたが、「選ぶ段階で(37が)空いていたんで、それもひとつの縁かなと。3+7=10というのも言われたけど、それは違う」と話した。

[ 2018年1月21日 20:11 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:05月27日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム