FC東京 FWディエゴ・オリヴェイラが柏から期限付き移籍

[ 2017年12月29日 14:22 ]

 J1のFC東京は29日、J1柏からFWディエゴ・オリヴェイラ(27)が期限付き移籍で加入することが決定したと発表した。移籍期間は2018年2月1日から2019年1月1日まで。なお、契約により、期限付き移籍期間中に柏と対戦するすべての公式戦には出場できない。

 ブラジル出身の同選手は2016年に柏入りし、2シーズンでJ1リーグ戦通算57試合17得点。今季は27試合5得点だった。

 ディエゴ・オリヴェイラはFC東京を通じ、「この新たなチャレンジを非常に楽しみにしています。高いモチベーションを持って、今からみなさんとお会いできる日を心待ちにしています。クラブの目標を達成すべく、みなさんの期待に応えられるように、精一杯戦いたいと思います。僕自身の目標と、クラブの掲げる目標の両方を実現するために、共に戦いましょう!FC東京のユニフォームに恥じることなく、チームに貢献できるように頑張ります」とコメント。

柏を通じては、「レイソルサポーターの皆さん、これまでの皆さんのサポートに心から感謝しています。みなさんの声援は私たち選手にとって何よりのインセンティブでした。この素晴らしいクラブの一員としてみなさんと共に戦えたことを誇りに思っています。これまでもそうですが、これからも皆さんは我々選手が一年を戦う上で、本当に大事な存在です。自分や自分の家族に対して優しく接してくださったことに対して、この場を借りて、サポーターの一人一人に心の底から感謝の気持ちとリスペクトをお伝えしたいと思います」と談話を発表している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2017年12月29日のニュース