長友、ミラン退団の本田にメッセージ「侍のような魂を持った漢を忘れない」

[ 2017年5月22日 11:39 ]

日本代表の本田圭佑(左)と長友佑都
Photo By スポニチ

 インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都(30)が22日、自身のツイッターを更新し、今季限りでACミランを退団することを発表した日本代表FW本田圭佑(30)へメッセージを送った。

 長友は「イタリアという国で、ミランというチームで、サンシーロというスタジアムで10番をつけて戦った、侍のような魂を持った漢を忘れないよ」とツイート。続けて、本田が現地時間21日に行われたボローニャ戦で決めた今季初ゴールについて「ゴールまじかっこよかった」と称賛の言葉を送っている。

 本田はホームでの今季最終戦となったボローニャ戦に後半12分から4試合ぶりに途中出場。1―0の後半28分にFKを左足で直接蹴り込み、3―0の快勝に貢献した。試合後に自身の公式ツイッターを開設し、イタリア語で「今季でミランを離れますが、近いうちにまた会えるのを楽しみにしています」などと退団を表明した。

 長友は21日、アウェーのラツィオ戦にフル出場。3―1で9試合ぶりの勝利を挙げ、「みんなで掴んだ勝利はやばいわ」と喜び。28日の最終節・ウディネーゼ戦へ向けて「残り1試合絶対勝って終わりたい。最後の1週間頑張るわ!」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2017年5月22日のニュース