中沢 横浜残留に前向き クラブ側が異例の“再表示”

[ 2016年11月14日 05:30 ]

横浜の中沢

 横浜の元日本代表DF中沢が13日、残留に前向きな姿勢をみせた。

 来季契約に向けた初回提示では今季の半額近い大幅減俸を提示され、ショックを隠せなかったが、9日の第1回契約交渉を経た異例の“再提示”では減額幅が縮小。チーム唯一のフル出場となった今季の活躍に対し適正な評価を受けた。

 「減額ですけどそれに対する説明はあった。あとは監督の去就やいろんな状況が整理されれば、お互いにいい方向に進んでいけると思う」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年11月14日のニュース