安永氏、スペイン3部でコーチに!日本人元Jリーガー初の挑戦

[ 2015年10月21日 05:53 ]

スペイン3部ギフェロのコーチ就任が内定した安永氏(左はルベン監督)

 Jリーグの横浜、清水、柏で活躍した元ストライカーの安永聡太郎氏(39)が、新たな挑戦をスタートさせる。スペイン3部ギフエロのコーチ就任が内定し、日本人元Jリーガーとしては初めて欧州4大リーグで指導者の道を歩むことになった。

 安永氏は現役時代、日本人で初めてスペインでプレーした。05年に現役を引退し、昨年12月にJFA公認指導者S級ライセンスを取得した。今年に入ってスペインに渡り、知人らを通じて自らを売り込み「スペインに戻って指導者になりたい」という長年の夢をかなえた。 

 ギフエロは過去1部昇格の経験はないが、今季は現在3部グループ1で2位と好調。今回の挑戦の裏には「スペインで培った経験を日本サッカーに還元したい」という強い思いがある。さらに「日本人指導者の門戸を開きたい」という思いもあり、開拓者として成功することで自身に続く指導者の受け入れ先も構築したい考えだ。将来の目標はもちろん監督。現在は一時帰国しており、無報酬に近いため個人スポンサーを探すなど奔走中。準備が済み次第、スペインに渡り夢の第一歩を踏みだす。

 ◇安永 聡太郎(やすなが・そうたろう)1976年(昭51)4月20日、山口県宇部市出身の39歳。95年に清水商高から横浜入り。97~98年シーズンはスペイン2部レリダでプレーし、清水、横浜を経て02~03年シーズンはスペイン2部ラシン・デ・フェロールでプレー。05年に柏で現役引退。代表歴は95年U―20W杯出場。昨年JFA公認指導者S級ライセンスを取得。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2015年10月21日のニュース