×

大宮新監督 南アW杯日本代表コーチ小倉勉氏が就任

[ 2013年8月20日 06:00 ]

 大宮の次期監督にテクニカルダイレクター(TD)を務める小倉勉氏(47)の就任が決定したことが分かった。20日にも正式発表される。

 大宮はリーグ戦で5連敗を喫すると、11日にベルデニック監督を解任。岡本GMが暫定監督を務めながら後任監督の人選を進めてきた。複数の候補から、コーチやTDとしてチーム状況を熟知し、ここまで積み上げてきた大宮のサッカーを継承できる小倉氏に一本化、最終交渉に入っていた。新監督は早ければ、21日の練習から指揮を執る。小倉氏はドイツで指導者となり、帰国後は市原(現千葉)のコーチやフロントなどを経て、10年W杯南ア大会の日本代表コーチや12年ロンドン五輪のU―23日本代表コーチを歴任。昨年9月に大宮のコーチに就任し、今年7月からTDを務めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「イビチャ・オシム」特集記事

2013年8月20日のニュース