「マツ」に捧げる勝ち点3 横浜2発2位浮上!!

[ 2013年8月4日 06:00 ]

<湘南・横浜F>試合後、松田直樹さんのユニホームをファンに向かい掲げる栗原

J1第19節 湘南1―2横浜

(8月3日 BMWス)
 横浜が湘南を下して2位に浮上。2年前の4日に心筋梗塞で急死したOBの松田直樹さん(享年34)に勝利をささげた。通常は3バックの湘南が4バックにシステム変更してきたが、選手は動じなかった。前半10分に中村のFKからマルキーニョスが先制。追いつかれた直後の後半19分にマルキーニョスがドリブルからPKを獲得、自ら決めて勝ち越した。

 「マツさんの命日だし勝って良かった」。中村がしみじみ語ったように選手の特別な思いが勝利を呼び込んだ。中村は試合前のアップ時にいつも松田さんが着用していたシャツを使っているという。ゴール裏のサポーターも松田さんをしのぶ横断幕を掲げた。松田さんも一緒に戦っていた。首位・広島と勝ち点1差、次節にも首位の可能性がある。平均年齢が31歳を超える横浜だが勝負どころを知る戦いぶりを見せている。中村は「この勢いを続けたい」ときっぱり。樋口監督は「トップを目指すなら、もっと精度を上げないと」とかぶとの緒を締め直した。

 ≪斎藤 右足首痛め途中交代≫日本代表入りを目指す斎藤は前半16分のヘディングなど2本のシュートを放ったが、無得点に終わった。試合中に右足首を痛めたため後半31分で交代。「ちょっとひねった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年8月4日のニュース