千葉も監督解任!後任は元マリアナ諸島監督神戸氏

[ 2011年10月21日 06:00 ]

 J2千葉が20日、今季就任したオランダ人のドワイト・ローデヴェーヘス監督(53)に対して解任を電撃通告した。後任には元北マリアナ諸島代表監督で、09年途中から強化部門の責任者を務めていた神戸清雄氏(50)が就任。21日にも発表される。

 千葉は09年に前身の古河電工時代から通じて初めて2部降格が決定。10年限りで江尻前監督を解任した。ドワイト監督が指揮する今季は序盤こそ好位置につけていたが、2メートル4を誇る長身FWオーロイの故障もあって徐々に失速。現在勝ち点50で昇格圏内の3位・札幌に勝ち点3差の5位につけているが、19日の水戸戦に敗れ、2連敗となったことから指揮官交代に踏み切った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年10月21日のニュース