長友の穴埋め…ザック監督、太田&森脇をテスト

[ 2011年8月2日 06:00 ]

左サイドバックのテストを受けた森脇(左)と太田

 日本代表のザッケローニ監督が「長友の穴」を埋めるべく、新たな人材発掘に乗り出した。

 「この3日間は国内組の中から新しい選手を見極めること、それが目的」。早速、紅白戦を行い太田と森脇を左SBでテスト。太田が「左SBは人数も多くない。与えられたチャンスを生かしたい」と言えば、森脇も「見える景色に違和感はない。この合宿でアピールしたい」と意欲満々。安田(フィテッセ)ら海外組も合流予定の韓国戦(10日)が“左SB最終選考”の意味合いを持ちそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2011年8月2日のニュース