【宮島ボート ヤクルトカップ3日目】11Rは野口勝弘 インなら負けられない

[ 2024年5月29日 04:30 ]

野口勝弘
Photo By スポニチ

 ボートレース宮島のヤクルトカップは3日目を迎える。注目は11Rだ。

 2日目は展開がなかった野口だが、インなら負ける訳にはいかない。スタートも踏み込んでくるはず。速攻を決めて突き放す。

 杉山は明らかに初日よりも足の上積みがあった。5コースから鋭く捲り差す。山本が地元の意地を見せるか。ピット離れ抜群の喜井がスロー進出のケースは考えておきたい。

 <1>野口勝弘 出足型を目指して調整しているのは変わっていない。でも、2日目は完全に回り過ぎだった。試運転は良かったが本番では押しがなかった。

 <2>西舘健 2日目前半はインから逃げられたので良かった。スタートが思ったように届かないのが気になる。

 <3>山本景士郎 道中で競り勝ったとはいえ(後半は)本当は2着でないといけなかった。足はバランス型。乗り心地も悪くない。

 <4>喜井つかさ チルトをマイナスにして回す方向で調整したらピット離れ、乗り心地が良くなった。

 <5>杉山裕也 ペラと部品交換で初日より手前は良くなった。伸びも下がらない。まだ合い切っていないのでペラをどうするか。

 <6>森貴洋 乗り味だけはマシ。足は正直言ってかなり厳しい。2年ぶりくらいに本体を割らないとダメかも。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月29日のニュース