【鳴門ボート・第25回マスターズチャンピオン】浜野谷憲吾が大外克服で準優絶好枠ゲット

[ 2024年4月19日 18:34 ]

予選を2位で通過し、準優11Rに1号艇で登場する浜野谷憲吾
Photo By スポニチ

 <鳴門20日11R準優勝戦>浜野谷憲吾(50=東京)が華麗なターンで大外を克服した。

 19日の予選最終日は9Rで6コースから鮮やかに差し切り快勝。今節では初となる大外からの勝利を飾り、得点率2位に浮上。準優勝戦の絶好枠を手に入れた。

 「道ができていたね。行きたいところに行ける。舟の向きがいいし、そこからの抜けもいい」と笑顔で振り返った。

 「でも、1周しかもたない感じがする。行き足はチルトマイナスでも悪くないし、スタート勘も割と合っている。他の人と比較すると違うところも欲しくなるので自分だけのことを考えてプロペラをするつもり。そのイメージはできている」とマイペースを崩さない。

 20日の11R準優勝戦は1号艇で登場。50歳を越えても進化を続ける東都のエースがここも悠々と突き抜ける。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月19日のニュース