障害王マイネルグロンは全治9カ月以上 中山GJで右前肢ハ行

[ 2024年4月19日 10:41 ]

マイネルグロン
Photo By スポニチ

 単勝1・1倍に支持された中山グランドJ(6着)で右前肢ハ行を発症したマイネルグロンは患部のエコー検査の結果、全治9カ月以上と診断されたことが分かった。19日、ラフィアンターフマンクラブが発表した。

 検査の結果、右前深屈腱とその支持靱帯を痛めていることが判明。現時点では全治9ヶ月以上との診断で再発の可能性もあるという。復帰を目指す見通しで、19日に放牧へ。様子を見た上で北海道へ移動する予定。

続きを表示

「2024 安田記念」特集記事

「鳴尾記念」特集記事

2024年4月19日のニュース