【佐賀・第8回佐賀ヴィーナスカップ】21日発走 ミニョン重賞2連勝へ突き進む! 予想印を公開

[ 2024年4月19日 12:00 ]

勢いがありスムーズな出脚が魅力のミニョン
Photo By 提供写真

 佐賀競馬春の4歳以上牝馬限定重賞、地方全国交流の「第8回佐賀ヴィーナスカップ」(距離1400メートル・1着賞金700万円)が21日6R(18時5分発走)、ナイター開催の佐賀競馬場で行われる。グランダム・ジャパン2024(全国各地で行われる世代別牝馬重賞シリーズ。競走成績による獲得ポイントで各世代の女王の座を争う)古馬春シーズンの対象レースで注目したい。前4大会は遠征勢に軍配が上がっているが、今年も遠征勢が強力で地元佐賀勢に高い壁として立ちはだかる。

 ◎③ミニョン 21年12月JRAでデビューして翌年6月大井へ移籍。大井で2勝を挙げ、昨年4月に現在の高知へ。移籍後4戦は振るわなかったが、そこから前々走まで6勝2着3回、3着1回と安定した走りで馬券に絡み続けた。そして前走今年2月新設された高知4歳以上牝馬、地方全国重賞1900メートルの「レジーナディンヴェルノ賞」で重賞デビュー。好位からしぶとく抜け出して重賞初Vを飾った。今大会メンバーでもっとも勢いがありスムーズな出脚が魅力。前々で運べるのは強味で重賞2連勝へ突き進む。

 ◯①アンティキティラ 21年5月北海道でデビューし11月高知に移籍。22年1月佐賀1800メートルの「花吹雪賞」で重賞初制覇。続く3月名古屋1400メートルの「若草賞」も制し3歳牝馬重賞2連勝。9月には名古屋1500メートルの3歳混合重賞「秋の鞍OP」で重賞3Vを飾った。昨年4月佐賀前回大会は4着だったが、その後8月金沢1500メートルの「読売レディス杯」、9月名古屋1700メートルの「秋桜賞」、今年2月高知「レジーナディンヴェルノ賞」と牝馬重賞で2着と好走している。相性上々の佐賀で巻き返したい。

 ▲②クリノメガミエース 21年8月JRAでデビューし翌年3月に兵庫へ。6月笠松1400メートルの「ぎふ清流カップ3歳」で重賞初V。そこから重賞路線に定着。重賞2勝目にはつながらないが、昨年4月佐賀前回大会を含めて昨年末まで3着を6回マークしている。今年初戦の1月園田4歳以上牝馬1870メートルの「コウノトリ賞」は2着と善戦。昨年大会はアンティキティラに先着しているうえ、底力も十分とあってVは期待できる。

 ☆⑧アキュートガール 22年2月中京デビュー戦を飾ったが、そこから中央5戦は振るわず9月に園田へ転籍。園田では転入初戦から4連勝し重賞初挑戦の昨年1月4歳以上1870メートルの「新春賞」ではクリノメガミエースを含めた兵庫強豪勢を一蹴した。その後は前走まで重賞で苦戦を強いられているが、経験値は十分なだけに初の佐賀で新機一転、復調しても何ら不思議でない。

 △⑤シウラグランデ 3歳時の22年3月、中央から佐賀に転入。5月佐賀3歳3冠重賞1800メートルの「佐賀皐月賞」で2着に入ると7月3歳1400メートルの「佐賀ユースカップ」で重賞初Vを飾った。その後の佐賀重賞3戦で快音は聞かれなかったが、佐賀の一線級スプリンター相手に好戦を演じ続けている。〝打倒・遠征勢〟の急先鋒に立つかに注目したい。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年4月19日のニュース