【オーシャンS】ビッグシーザー 初中山心配なし、陣営「先行力を生かす競馬ができれば…」

[ 2024年2月27日 05:13 ]

 ビッグシーザーは前走・淀短距離Sで昨年2月マーガレットS以来の勝利を挙げた。甲斐助手は「夏より寒い時季の方が状態はいいですね。使いつつ体が増えて、甘かった部分が徐々に良くなってきています」と成長ぶりを伝える。中山は初起用だが「福島(福島2歳S1着)の輸送も経験しているので心配していない。先行力を生かす競馬ができれば楽しみ」と力を込めた。

続きを表示

「2024 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2024年2月27日のニュース