【チューリップ賞】タガノエルピーダ 落ち着きがある、陣営「まだ未知な面はあるけど能力は高い」

[ 2024年2月27日 05:18 ]

 タガノエルピーダは紅一点で臨んだ朝日杯FSで3着。速い流れの中、好位からしぶとく脚を伸ばした。

 和田助手は「勝負どころでハミが抜けていたけど最後はしっかり伸びていた」と回顧。前走後は休養を挟み、ここを目標に乗り込みを重ねた。「以前に比べて落ち着きがある。体が増えて筋肉も付いてきた。キャリアが浅く、まだ未知な面はあるけど能力は高い」と桜花賞の優先出走権を狙う。

続きを表示

「2023 天皇賞(春)」特集記事

「青葉賞」特集記事

2024年2月27日のニュース