×

【川崎11R・スパーキングレディーC】ショウナンナデシコ重賞4連勝へ!不動の主役

[ 2022年7月6日 05:00 ]

かしわ記念で鮮やかな逃げ切りを決めたショウナンナデシコ
Photo By スポニチ

 充実著しい(10)ショウナンナデシコの重賞V4で堅い。砂との相性がよほど良かったのか、南関東に参戦して大ブレーク。初戦2着の後、破竹の勢いで重賞V3を達成した。特にマイル路線のトップクラス相手に逃げ切りを決めた、前走かしわ記念が圧巻の走り。ダート最高峰のJpn1を制覇した実力は牝馬同士では抜けている。加えて今回は2、3走前に負かしている相手が主なライバル。2走前に57キロで圧勝しており、1キロ増程度では不安材料にはならない。不動の主役。素直に相手探しに絞る。

 絶好の1番枠に入ったサルサディオーネが対抗。迷いのない逃げで逆転を狙う。脚抜きのいい馬場になればレディバグの浮上も。

 ▼サルサディオーネ(堀師)前走後もここを目標に順調に調整ができて好状態をキープ。ショウナンと同じ58キロでどこまで差を詰められるか。

 ▼グランパラディーゾ(渡辺和師)転入初戦だが走りそうな雰囲気を持った凄くいい馬。いい感じに仕上がったし今後を占う上でも楽しみなレース。

 ▼レーヌブランシュ(橋口師)6月29日の追い切りは相手も動く馬だし、遅れたのは仕方ない。いい感じで来ている。強い相手と併せたいので週中にやって、週末はサラッとやる調整方法に変えた。これがいい方に出てくれれば。

 ▼アールロッソ(山下師)重賞を勝った時の状態を変わらず維持している。町田騎手からマイルは大丈夫だと聞いている。しまい勝負で、いい着が取れれば。

 ▼ハピネスマインド(矢内師)この馬なりに悪くない。馬場は軽い方がいいと思う。胸を借りるつもりで。

 ▼レディバグ(北出師)よくカイバを食べるし、(調教を)やっても体が減らなくなった。スランプからは脱した感じ。鞍上も1回乗って勝っているからね。地方は砂が深いので雨でも降って軽くなってくれれば。

 ▼キムケンドリーム(梛木助手)前走は久々の芝だったからね。レース後も順調。今回はダートだし、うまく立ち回れれば。

 ▼ショウナンナデシコ(須貝師)前走は強いレースで力を示してくれた。川崎は勝っているコース。重量を背負うが牝馬同士ならクリアしてほしい。

 川崎競馬のスポニチ予想がコンビニ各社のプリントサービスで1枚200円で販売中(各開催日午前7時~午後9時)。鉄板レースや指数などの情報も。

 詳しくはhttps://www.e-printservice.net/content_detail/spopriへ。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年7月6日のニュース