×

【宝塚記念】タイトルホルダー 種馬へ大きく前進

[ 2022年6月27日 05:30 ]

 タイトルホルダーを生産した岡田スタツドは天皇賞・春に続いて半姉メロディーレーン(13着)と2頭出し。

 岡田スタツドの岡田壮史(たけふみ)さんは「リズム良く運べていたので安心して見ていた。菊花賞と天皇賞・春を勝っていましたが、各方面から種馬になるには中距離でも勝たないと…と言われていたので本当にうれしいです」と喜びをかみしめた。母メーヴェは新種牡馬ベンバトルの子を受胎している。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年6月27日のニュース