×

【マイルCS】シュネルマイスター100点 鍛え込まれた証 血管浮き上がり

[ 2021年11月16日 05:30 ]

鈴木康弘「達眼」馬体診断

シュネルマイスター
Photo By スポニチ

 シュネルマイスターには伸びゆく3歳馬の勢いと未知の可能性があります。今春とは見違えるほど成長した。3歳のひと夏を越して、体に太い芯が1本入ったような印象を与えます。キ甲(首と背中の間のふくらみ)も完全ではないにせよ、だいぶ抜けてきた。顔つきは数カ月見ない間にすっかり精かんになった。あどけなさが残る若駒の顔からプロの競走馬の顔へ。しばらく会わないうちに少年から大人の顔立ちに変わった孫を見たような気分です。

 3歳春の時点で非凡な姿を見せていました。柔らかい筋肉、各部位が滑らかにリンクした無駄のないつくり。機能性に満ちた馬体に成長力が加わったのです。前後肢(前腕とスネの部分)の筋肉には血管がうっすらと浮き出ています。薄い皮膚を持つ馬が鍛え込まれると、こういう血管が映る。首が太く短いマイラーの体つきはたくましさを増しています。

 キ甲が抜け切って完成の域に近づいた時、どんな名馬になっているのか。女王グランアレグリアが有終の輝きを放つ以上、世代交代を告げるのは少し先かもしれませんが、次代のマイル王を確信させる馬体です。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年11月16日のニュース