タイトルホルダーは横山和と有馬記念へ 弟・武史からバトン

[ 2021年11月5日 05:30 ]

<菊花賞>2着に5馬身差をつけ圧勝したタイトルホルダー(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 今年の菊花賞を逃げ切って5馬身差で制したタイトルホルダー(牡3=栗田)は、横山和とのコンビで有馬記念(12月26日、中山)に出走することになった。

 横山兄弟の弟から兄へバトンタッチする形になった。「思い切った競馬をしてほしい」と栗田師。また、古都Sを勝ってオープン入りした半姉メロディーレーン(牝5=森田)も参戦を表明しており、馬の方もきょうだい対決が実現しそうだ。

続きを表示

「根岸S」特集記事

「シルクロードS」特集記事

2021年11月5日のニュース