【凱旋門賞】ディープボンド気合十分!ゲートの駐立も確認して問題なし

[ 2021年9月28日 18:12 ]

ディープボンド
Photo By スポニチ

 前哨戦のフォワ賞Vをステップに第100回凱旋門賞(10月3日、パリロンシャン芝2400メートル)に参戦するディープボンド(牡4=大久保、父キズナ)は28日、滞在先のシャンティイで谷口助手を背にエーグル調教場ダート直線コースへ。約1500メートルをキャンターで駆け抜けた。

 大久保師は「明日(29日)が追い切りということもあり、それが分かっているのか非常に気合が入っていました。また、レースでは駐立が長くなることを想定してゲートの確認もしましたが問題なさそうです」とコメントした。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月28日のニュース