×

【札幌記念】おっとり系ディアマンミノル 素質抜群

[ 2021年8月18日 05:30 ]

 【東西ドキュメント・札幌=17日】札幌滞在2週目に入った田井は早起きが続いてやや寝不足。いつも以上に細い目をこすって厩舎取材に向かうと、ディアマンミノルが目の前で大あくび。思わず誘われた。

 おっとり系の栗毛に癒やされつつ、担当の中井助手に手応えを聞いた。「函館記念(4着)の前はボーッとしていて当週にピリッとして何とかなった感じ。1回使っている分、状態は良くなっていますよ」。レーヌミノル(16年桜花賞)を鍛えた腕利き。フミノイマージンで12年の札幌記念を勝っており、9年ぶりの担当馬Vが懸かる。「言葉にするのは難しいですが、味わったことがない背中をしている馬。能力は相当あるはず。まだ良くなるので大事に育てていきたいです」とほれ込みようが半端じゃない。同助手が話すように、まだ背腰が発達しきっていないだけに発馬がゆっくり。展開の助けは必要だが、前崩れになるようなら全頭をのみこんでもおかしくないスケール感がある。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2021年8月18日のニュース